Boulangerie et Cafe Main Mano

Boulangerie et Cafe Main Mano,Yoyogi Uehara ブーランジェリー&カフェ マンマーノ代々木上原

Main Mano Information

>お店紹介

>メディア掲載情報

 

 

トップページ»  お店紹介

Shop Information & Our Policy

わたしたちのこだわり

パンのいのち・素材  

【パンのいのち・素材】
粉は、主に国産小麦、最高級カナダ産小麦を使用。
酵母はオリジナ ル自家培養乳清種やサワー種・果実種、また、フランス産AOP認定発酵バター、エビアン水にいたるまで、
“美味しさの原点”である素材は、ひとつひとつ吟味し、厳選しております。

【常に新しい美味しさを!】
オールスクラッチの、パン作りのテーマは“粉と水の融合”
オリジナルを含む150種以上のレパートリーの中から、
世界各国のパンを常時約60種類以上を店頭に並べます。
看板商品は、27層の 「クロワッサン」と「バケット」。
その他、サンドイッチ系やデニッシュ類、季節に合わせた焼き菓子、
曜日限定販売のパン(当HP・カレンダーをご覧ください)など、
常に新作のパン、新しい味をご提供してまいります。
(お電話にてのみ、ご予約も承ります。)

 

シェフのご紹介

パンのいのち・素材  

「―パンは自分の人生そのもの―」 グランドシェフ:毛利将人
小学校6年生の時、たまたま1階がパン屋であるマンションに移り住んだことがきっかけで、
12歳から、同氏が今でも師と仰ぐ某人気店のシェフからパン作りを教わる。
パン作りの面白さや奥深さに開眼し、
趣味ではなく実際に売り物のパンを同師の店で作り続け、21歳で渡仏。
パリで5つ星の名門ホテル・ド・クリヨン [www.crillon.com] の約300年の歴史の中で、
日本人として初めて製パンシェフに就任。
また、イタリアやベルギーでも修行し、帰国後もリーガロイヤルホテル東京で3年間 シェフを務め、
パン一筋20年、2008年12月、念願の店をオープンしました。

 

Shop Information

店舗写真   パンの写真

 

―ご挨拶―
パリの16区をイメージしたブーランジェリー&カフェ「Main Mano (マンマーノ)」を代々木上原の地に2008年12月16日オープンいたしました。
店名はフランス語で“main(マン)”、イタリア語“mano(マーノ)”がそ れぞれ“手作り”の意味で、“手と手を繋ぎたい”という想いで名づけました。
焼きたての味を時間差なくお楽しみいただけるよう朝8時から営業し、
併設のカフェではオリジナルブレンドのコーヒー・紅茶などもお楽しみいただけます。
常に“もっと美味しく、より幸せになれるパン”を追求し、最高の素材で、“本場 の味、本物のパン”を創り続けてまいります。

 

会社概要

店名 Boulangerie et Cafe Main Mano
住所 東京都 渋谷区西原3-6-5 MH代々木上原1F
最寄り駅 代々木上原駅
道順 小田急線・千代田線、代々木上原駅、北口2番出口から徒歩1分
TEL 03-6416-8022
営業時間 08:00~20:00 (L.O. 19:30)
定休日 毎週火曜日・第1月曜日
クレジットカード 利用不可
禁煙席 喫煙席あり
駐車場 駐車場なし
平均予算
設備・サービス 席数;13席(カウンター4席・テーブル6席、テラス3席)
その他 禁煙(テラスは喫煙可)

 

アクセスマップ


大きな地図で見る